マガポケベースマガポケの秘密基地! ここだけで読める面白記事あります!

別マガ ムービーガイド『騙されたと思って1本!!』〜編集部員ヨシモト編〜

f:id:magazine_pocket:20171110162328j:plain

 

 

別冊少年マガジンで連載中の

別マガ ムービーガイドを特別に大公開!!

 

今回は、2017年5月号に掲載された編集部員のヨシモト編をお届けします!

 

 

お次は、去年の新入社員ヨシモト推薦の2本。

 

このムービーガイドで何を選ぶか?

1年坊主のヨシモトは悩んだことであろう。

 

なぜなら、普通にいい映画を選んだんでは、意地の悪い先輩からは、〝能がない〟と言われるし、あまりに尖った映画を選べば、〝お前ってスゴいね~〟と嫌味を言われるに違いない。難しいところだ。

 

そんな悩めるヨシモトに、

〝とっとと決めろ〟と脅して決まった1本が

 

『インセプション』

 

巨匠クリストファー・ノーラン監督が、レオナルド・ディカプリオと組んだSFアクション映画である。

 

海岸に打ち上げられた男コブ(レオナルド・ディカプリオ)、その海岸にはなぜか日本の城が!?

 

次のシーンでは城の中に、そして暴動が起きようとしている街のホテルに、次々と変わる場面に、何が何だかわからない?

 

と、最後はなぜか新幹線の中で、コブは目覚める。

 

どうやらそれまで観た光景は〝夢〟の中らしい、だが誰の夢なのか……。

 

コブは、夢を見ている人間の潜在意識に潜り込み、アイデア(または情報)を盗むスペシャリスト=産業スパイなのだ。

 

と書いてもイマイチ分かりにくいのだが、ざっくり言うと、調合した薬(睡眠薬みたいなもの)を使い、ターゲット(=アイデアを盗み出す相手)と一緒に夢の中に入る。

 

その夢は、コブの仲間が設計した世界で、その世界にターゲットの潜在意識を投影させる。そしてアイデアを引き出すのだ。

 

例えばアイデアを持つ相手に、夢の中でそのアイデアを金庫に入れさせることができれば、それを盗むことができる。

 

あるいは夢の中で誘拐し、脅せば、アイデアを聞き出すことも可能。舞台設定は思いのままだ。

 

夢から目覚めたターゲットは、まさかアイデアが盗まれたとは思わない。

 

おもしろいのは、人間の潜在意識には層があって、深く潜れば潜るほど、時間が伸びるのだ。

 

夢の中で夢を見ているようなもので、たとえば現実の10時間は、

 

第1層では1週間、

2層は半年間、

3層では、なんと10年間?

 

逆浦島太郎なのである。

 

そこから戻るには、夢から目覚めればいいのだが、

 

4層以上潜れば、そこは虚無。

 

現実に戻れなくなってしまう。

 

そして、夢の設計で、やってはいけないのが、記憶の再現だ。なぜなら、夢か現実か分からなくなってしまうからだ。

 

こんな複雑な世界を、実写でやってしまうノーラン監督のイマジネーションは素晴らしい!!

 

物理のルールを無視してパリの街を捻じ曲げ、NYの道路に列車を走らせ、建築不可能な構造物さえも観る者の前に差し出して見せるのだ。

 

そしてコブが、実業家サイトー(渡辺謙)に依頼された仕事は、あるアイデアを盗むのではなく、ある人物に植え込むこと。

 

〝インセプション〟と呼ばれるそれは、果たして可能なのか?

 

極限の潜在意識には何があったのか?

 

何度観ても驚かされる作品である。

 

f:id:magazine_pocket:20180714171552j:plain

 

 

次にヨシモトが選んだのは

 

『バタフライ・エフェクト』だ。

 

バタフライ・エフェクト、ちょうちょ効果? なんだそれ? という効果だが、これは

 

〝ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる〟という、初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出すという理論らしい。

 

日本風に言うと〝風が吹けば桶屋が儲かる〟的な話である。(ちょっと違うか)

 

子供時代、記憶障害の問題(短い時間、記憶を失うのだ)を抱えていたエヴァン(アシュトン・カッチャー)は医師の勧めもあって子供の頃から日記を書いていた。

 

大学生になったエヴァンが、ある晩、昔の日記を手にし、読みだすと……文字が揺れ始め、なんと子供時代、記憶を失った時に戻ってしまう。

 

その時にいったい何が起きたのか?

 

幼い頃、近所の幼馴染ケイリー(女の子ね)の父親に、いかがわしい映像を撮られたこと(しかもケイリーと一緒に!?)。ケイリーの兄トミーに愛犬を焼かれたこと。

 

やはり幼馴染のレニーに取り返しのつかないことをやらせてしまったこと。

 

そしてエヴァンは引っ越したのだ。

 

恐ろしい記憶を失ったまま。

 

大学生に戻ったエヴァンが、子供時代に過ごした土地に戻ってみると、そこには不幸そのもののケイリーが。

 

しかも再会して数日後、彼女は自殺してしまうのだ!!

 

自殺の原図が自分にあると考えたエヴァンは、再び日記を読み、失われた記憶の時に戻る。

 

そして、ケイリーの父親をなじり、撮影を止めさせる。

 

すると彼の脳の中の記憶が変わっていき、目覚めると……なんと女子寮!?

 

そこには幸せそうなケイリーが。ほっとするエヴァン。エヴァン自身、真面目な大学生からチャラ男になっていたが。

 

だが変化はそれだけではなかった。

 

ケイリーの父親は、兄のトミーを殴るようになり、トミー自身も暴力的な男に成長していたのだ!?

 

ケイリーに暴力をふるうトミーを止めようとしたエヴァンは、誤って彼を殺してしまう。

 

刑務所に入れられるエヴァン。そこで再び日記を読み直し、過去に戻るのだが……

 

ここで賢い読者は、バタフライ・エフェクトを思い出すはずだ。

 

子供時代にエヴァンが起こした行動によって、登場人物たちの現在が劇的に変化するのだ!!

 

その変化がものすごい!!

 

幼馴染のレニーが廃人になったり、ケイリーが薬物中毒になったり、エヴァンが腕を失ったり、どうやっても、みんなが幸せになるようにはならないのだ。そこで最後にエヴァンが取った行動は……!?

 

いやはや、この映画を観ると、

 

自分のちょっとした言動がどんな結果をもたらすのかと、恐ろしくなる。

 

ヨシモトにちょっかい出すのもやめておこう。

 

  

 

▼「マガポケ」のDLはコチラから!

<App Store>iPhone/iPadの方

https://itunes.apple.com/jp/app/id998542154

<Google Play>Android端末の方

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kodansha.android.magazinepocket

 

(終わり)