全画面表示を終了する
ヨコに読みます

【第10話】

2017年11月13日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
君が僕らを悪魔と呼んだ頃

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

さの隆

かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、それ以前の記憶の全てを失ってしまった斉藤祐介。実感のない自分と折り合いをつけながら日々を過ごしていた彼の前に、膨大な過去の罪が立ちはだかる。知らされていた“自分”は、歪な嘘。仮面の下にあったのは、あまりに醜悪な“悪魔”の姿。奪われた記憶と、拭えない罪。平穏は脆く、儚く、崩れ去る。――さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?