【第三話】物語への適正値①(1)

【第三話】物語への適正値①(1)

【第三話】物語への適正値①(1)

2019年12月16日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
小説の神様

小説の神様

原作/相沢沙呼 漫画/手名町紗帆

<毎月第1・3月曜更新>冴えない高校生作家・千谷一也。作品が売れずスランプに陥る彼のところに、ある日担当編集者から合作の提案が持ち上がる。ところが、一也のパートナーに選ばれたのは、先日転校をしてきた同い年の美少女人気作家・小余綾詩凪で――…。「小説の神様が見える」と豪語する小余綾と合作を進めるうちに、一也は彼女のある秘密に気がつくが…!?実写映画化決定!!物語を愛するすべての人に贈る、不器用で美しい創作×青春ストーリー!!

ローディング中…