全画面表示を終了する
ヨコに読みます

【第2話】タイツ林

2018年11月10日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
ありがタイツ!

ありがタイツ!

ぐらんで

タイツ…それは神衣! タイツ…それは宇宙! タイツには、無限の可能性がある! 思春期真っ盛りの高校1年生・上地大亜は、悩んでいた。どうしても気になって頭から離れないのである。あの娘の「タイツ」から! だけど人には知られたくない、知られてはいけない、この性癖は。そう、彼は思春期なのである…! タイツ女子が可愛すぎて悶絶必至のコメディ、開幕!