全画面表示を終了する
ヨコに読みます

【第6話】越えてはならない一線

2017年12月07日

感想をシェアしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
殺人予告はあの頃

殺人予告はあの頃

伊藤イット

遊びのつもりだった。中学時代にWEBサイトを作った。書きこんだことを何でも叶えてくれる「虚構人間」。そういう"設定"だった。数年後、"虚構"が現実を侵しはじめる。次々に実現される過去の書きこみ。なぜ、どうして、こんなことが起こるのか。これを食い止める術はあるのか。大切な人を守るため、冴えないフリーター、遥丘彼方の戦いがはじまる――!!